そもそも疲労とは?

1年を通して疲れやすい季節ってあるの?

 夏バテ」という名前から、夏のみの病気であると思われがちですが、
気候の変化が激しい梅雨や初夏にも「夏バテ」は起こりやすいんです。
 

 それに残念ながら「夏バテ」だけが疲れから来る症状じゃ無く、
その時期だけをマークしておけば良いというワケではないんですよ。


桜.jpg
 日本という国には「春夏秋冬」と四季があり、季節は移り変わります。


紅葉.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
 よく「季節の変わり目」という言葉が聞かれますが、
季節がうつろう頃になると、どうも疲れがたまりやすい、風邪や病気になりやすいという人も
多いはずです。


 季節の変わり目には温度や湿度、天候が大きく変動しがち。
この変化に敏感に反応しているのが「自律神経」です。

自律神経の調子が乱れることで、身体はもとより、心も疲れやすくなります。

 
 つまり「季節の変わり目」が「疲れやすい季節」であるといえそうです。
人によっては「夏バテ」だけでなく、季節ごとに【◯◯バテ】にやられてしまうこともありそうです。
となると、年に4回ほどは特に注意が必要になってきますね。


5月病.jpgのサムネイル画像
 「5月病」のように、季節と関連した心の症状もあります。


 春先に、進学や就職、転勤など、ターニングポイントを迎えることが多いですよね。
最初は無我夢中で頑張っているため疲れを感じる暇もないのですが、
次第に生活のペースに慣れてくる5月頃になると、無理をした疲れが心身に現れたり、
気持ちが不安定になったり・・・
 これらも、疲れから来る「バテ」の症状の一つじゃないでしょうか?

 
 季節の変わり目は、どうしても不調を起こしやすく、疲れの回復も遅くなります。


 「元気をだそう」と頑張りすぎるのは禁物です。
 
 
 四季折々にはそれぞれ「旬」の美味しい食べ物があります。
新鮮な季節の味は、その季節ならではのパワーが宿っているともいえます。

 美味しい物を食べ、まずは生きるために必要な「食べる・動く・寝る」のリズムを
自分なりに掴んで、無理をしないこと。
 
OFF.jpg
 バテてしまうということは決してマイナスなことだけではなく、
自分の生活自体を見つめ直して、頑張っている自分に優しくするチャンスでもあると捉え、
じっくり治していくことが大切。

 
 そして、普段から自分の体の声を良く聞いてあげる事が何より大切です。


前の記事・・・どんな人がどんな疲れに困ってる?




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス