そもそも疲労とは?

「疲れなんかに負けたくない!」手軽にできる対策、予防法は?

 ちゃんと寝られていますか?ご飯は1日3食摂っていますか?
先ずはそこからです。


 「疲れてる場合じゃない」って人程、基本的な事をおろそかにしている気も・・・・


 『質の良い睡眠』と『バランスの良い食事』はとても大切です。
 

入浴.jpg
 質の良い睡眠をとるためには、寝る1時間前くらいの入浴が効果を発揮します。
お風呂に入る事でリラックスできますし、入浴で体を温めると疲労回復にも効果があります。

 ぬるめのお湯での半身浴はよく聞きますが、症状に応じた効果的な入浴法があるんですよ。


    肉体疲労 ・・・43度くらいの湯船に 10分くらい
    心身疲労 ・・・39度から40度くらいの湯船に 20分くらい
    眠りの質向上・・38度くらいの湯船に 25分から30分くらい
    コリの解消 ・・41度から42度くらいの湯船に 20分から30分くらい


 シャワーではなく、湯船に浸かることが最大のポイントです。
バスクリン 薬湯 すっきり発汗浴とかバブ ひのきの香り 20錠入薬用入浴剤 などの
入浴剤を上手に使うのもいいですね!
 

 お風呂場でストレッチをしてみたり、読書をしてみたりとリラックスすることが良い睡眠への入り口。
忙しい人には毎日は無理かもしれませんが、少しずつ習慣にしてみてはどうでしょう?


 バランスの良い食事は『わかるけど、毎食なんて無理』って声が聞こえそう。
特にひとり暮らしの男性にはハードルが高いかも。
 炭水化物、タンパク質、脂質、緑黄色野菜、淡色野菜、いも類、海藻類
これらをバランスよく、しかも毎日摂れると理想的。


和定食.jpg
 案外見過ごしがちですが、『和食』は比較的このバランスが良いと言われてます。
しかも『定食』で食べれば完璧とはいかなくてもそれに近づくことは出来ます。
外食をするならファーストフードより定食屋さん、選ぶなら丼よりも定食と

 少し選択肢を替えるだけで体にぐっと優しくなります。


 自分の体を労ってあげる事が『最大の疲労対策』であり、『予防法』になると思います。


疲労感を解消といいますか軽減する方法って何かないでしょうか?


 『ストレス』は溜まっていませんか?


 日常生活でストレスが全く溜まらないなんていうことは無いと思いますが、
その比重によって、疲労感の大小も変わると思います。

 
 「毎日仕事もプライベートも順調。ソコソコ疲れてはいるけど自覚症状はない。」
なんて人がいれば、もう一方で、
「仕事はつまんないし、家に帰っても疲れてるからやりたい事なんてない」なんて人も。
どう見ても後者のほうが疲れていそうですよね。

 
 疲れない人なんていないんです。
何か行動を起こせば「肉体は疲労」するものなんです。
疲労感というのはその時の状況に左右されやすいものなので、
自分が「良い状況」にあれば感じにくいものなんです。
自分次第なんですね。(だから気づかない内に無理が祟ってしまうこともあるんです)

 
 栄養補給をすれば一時的に疲労を回復させたり、疲労感が和らいだりはしますが、
根本的な解決にはなりません。

 
 重要なのは目の前の対処法ではなく『疲れにくい体づくり』『疲れが溜まりにくい体づくり』
軽い運動やストレッチも効果的。ストレスを解消することも大切です。


公園.jpg 
 休みの日に普段しない事をする、知らない場所を訪れる事でも脳がリフレッシュされます。
リフレッシュされることがストレスを解消していくことに繋がっていきます。
緑の香りを嗅ぐ事も(公園を歩いたり、観葉植物に囲まれる)手軽なリフレッシュ法ですね。

 
 疲れたかも?と思った時は今いる状況から少し距離をおいてみるとよさそうです。

 パソコンをずっと見ていたなら遠くを見てみる。
 ずっと座りっぱなしで仕事をしているなら立って軽くストレッチをしてみる。
 立ち仕事なら屈伸をしたりする。

 姿勢を変えるだけでもチョッと気分が変わりませんか?


 そのちょっとの事が、自分の体と向き合うことが疲労感を軽くしてくれる一歩だと思います。


 体が発するアラームは本人にしか分からないものだから、
鳴りっぱなしにならないように気を付けたいものですね。


前の記事・・・「スタミナ料理」なんてよく聞きますがホントに効くの?




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス