にんにく豆知識!

にんにくを使ったお手軽レシピ

 にんにくに含まれる『アリシン』の元々の成分は『アイリン』といい、熱に強く無臭なもの。
そのアイリンを刻むことによって『アリシン』という成分と共にあの臭いが生まれます。


 アリシンは熱に弱い性質をもちます。


料理2.jpg 
 にんにくにのアリシンにはビタミンB1が(糖質や脂肪酸の代謝を高める効果)
含まれていて、特にビタミンB1を豊富に含む豚肉は
ニンニクと一緒に食べるとビタミンB1が吸収されやすくなる
と言われています。

 
 『熱に弱い』と『豚肉を組み合わせる』がポイントになりそうですね。
 そこで料理本などを参考に考えてみました。
 とにかく簡単で、出来れば使い道の広いものを!



 1つめは『ガーリックオイル』


 にんにくを細かく刻んだもの10片分、オリーブオイル2カップ、塩大さじ1を用意


 冷たいフライパンにオリーブオイルと刻んだにんにくを入れて弱火にかける(弱火がポイント)
油から泡が出てくるようになったら塩を加えて7分ほど加熱すれば完成。
冷ましてから容器に移します。


 そのままドレッシング代わりに使っても十分美味しいですよ。 


 普段ガーリックオイルを作る時に、ちょっと温度が高くてにんにくが焦げたりしませんでした?
にんにくが焦げて美味しくないだけじゃなくて、気づかないところで栄養成分を無くしてたなんて
・・・・残念ですよね。


 弱火でじっくり作ると「美味しい」と「栄養」のイイトコどりが出来ます。



2つめは『肉味噌』


 豚ひき肉とにんにく、甜麺醤(無ければ赤味噌と砂糖)を用意


 油を引いてないフライパンにひき肉を入れ、色が変わるまで炒めたところに刻んだにんにくを入れ
弱火でじっくり炒め
ます。(豚肉から出る脂で弱火で炒めるのがポイント)
ひき肉とにんにくに火が通ったら甜麺醤を加えて更に炒めて味噌の香りが立ったら完成。
 

ご飯.jpg 
 こちらはそのままを葉野菜で包んで食べても美味しいですし、ご飯に乗せても美味しいですよ。


 いつもよりちょっとだけ丁寧な作り方をすると、
栄養成分をうまいこと引き出してあげる事が出来ます。


 両方共日持ちするので(冷蔵庫で1週間ほど)あると便利な『栄養常備菜』になると思います。


 レシピ本にはもっとたくさんの美味しいにんにく料理が!!【送料無料】おいしいにんにく料理




前の記事・・・美味しいにんにく」に巡り合える?にんにくの目利き




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス