サプリメントの中でおすすめは?

いわゆるビタミンなど含んだ錠剤のサプリメントとにんにく卵黄の主な違いは?

サプリメント2.jpgのサムネイル画像
 サプリメントとは生体に不足した栄養素を補充する目的で用いられるもので
『健康食品』とか『健康補助食品』等と言われるもので『食品』です。


 ビタミンやミネラルを含んだサプリメントって聞くと
『体に直接効きそう』とか『足らない栄養なら足さなきゃ』と
つい思ってしまいがち。

 毎日決まった量をキチンと飲んで、足りないものが出ないようにしなくちゃ!とか、
飲み出したら飲まないと不調が起きそうな気がしてきたり・・・・・

 不安になったりしませんか?


 にんにく卵黄はどちらかと言うと『飲んだら効くかも』位の感じじゃないですか?

 『今日は疲れたからちゃんと飲んでおこう!』とか『明日頑張れるように寝る前に飲んでおこう!』とか。
あまり飲まなかった時の不安感って感じない事ないですか?


 ビタミンを含んでいようが、にんにくの成分を含んでいようが両方共『食品』です。
食事で取りきれない栄養成分を補うという目的は同じなのです。


 目的が同じでもビタミンを含むサプリメントには気を付けないといけない点があります。


注意.jpgのサムネイル画像 
 ビタミンには『脂溶性ビタミン』と『水溶性ビタミン』と言われる2種類のものがあります。


 『脂溶性ビタミン』は体内の脂肪組織への沈着性が高いという性質を持っています。
簡単に言うと、これらのビタミンを取り過ぎたら体の中に溜まってしまうんです。
 

 脂肪によく似ていますね。取り過ぎた分は自分に付いてしまう・・・・


 『水溶性ビタミン』は過剰に摂取しても、尿中に排泄させられてしまうものなので、
必要な分だけ毎日摂取しなければ欠乏しやすく、摂れる時にたくさん摂っても
体の中に溜め置くことは出来ません。

 

  寝貯めが出来ないのと似ています。


 脂溶性ビタミンA、D、Kは貯蔵性を持っているため、まとめて摂ったとしても
ある程度は有効に使われますが、繰り返して多量に摂取すると
蓄積され過剰症になりやすいものなのです。


胎児.jpg


 一口に過剰症といっても『急性』と『慢性』の症状があり、
本人に症状が出るだけでなく、
妊娠初期の妊婦の場合は胎児に悪影響を与えたりもします。



 食品から摂りきれない栄養を、食品であるサプリメントから摂って補う。
悪いこととは思いませんが、ビタミンを含むサプリもにんにく卵黄も『適量』を守ってこそ意味がある事をお忘れなく。


前の記事・・・ドリンクの他に疲れやダルさに効くお勧め商品教えてください。




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス