サプリメントの中でおすすめは?

アルギニンかにんにく卵黄だったら、どちらが効果ありますか?

 アルギニンとは天然に存在するアミノ酸のひとつで、
成長ホルモンの分泌に大きく関係し、体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに
効果があると言われます。


 アルギニンは体内でグルタミン酸から生成されます。
しかし生成能力は十分とは言えないため、不足分を体外から摂取する必要があり「準必須アミノ酸」
と呼ばれています。


 ちなみに「必須アミノ酸」というのは約20種類ほどあるアミノ酸の中で、
体内で作れないものを言い、栄養分として体内に取り入れなければならないもの。
9種類あります。


 「準必須アミノ酸」と呼ばれるアルギニンが不足すると、
アンモニアの解毒が不十分になったり、脂肪肝になってむくみや肥満をひきおこす原因に。


成長.jpg
 アルギニンは、体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに効果があると言われ、
成長ホルモンの分泌に大きく関係するため、
子供にとっては必須アミノ酸だとも言われています。


 代謝の働きを高めて成長ホルモンの分泌により脂肪を減らす効果もある為、
大人からはダイエットサプリメントとしての人気も高まっています。

 
 ということは、
アルギニンは疲れを取るために摂るものではなく、
疲れにくい体を作っていくために摂るもの

だということですね。


 成長著しい子供にとってはアルギニンは
栄養成分として無くてはならないもの
です。
でもにんにく卵黄がなくてはならない栄養成分かといえば・・・・・そうでもない。


 ちなみにアルギニンを多く含む食品は、
身近なものでは大豆、鶏肉、ゴマ、きゅうり、くるみなど
があります。


グルコサミンとにんにく卵黄、摂るならどちらがいいですか?


 グルコサミンとは糖の一種で、
グルコースにアミノ基 (-NH2) が付いた代表的なアミノ糖のこと。


 動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれている物質で、カニやエビなどの甲殻から得られる
「キチン」を塩酸などで分解して製造
されるんだそうです。
 

関節痛.jpg
 俗に「関節の動きをなめらかにする」とか「関節の痛みを改善する」などといわれますが、
重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されています。


 そういえば以前かかっていた整形外科の先生に
「手首の関節が痛いから、グルコサミンとか入ったサプリメントを
ドラックストアで買って飲んだら効きますか?」
と、尋ねたところ、

「それで治るなら処方してるよ」と笑われたことがあります。


 今思えば「効果はない」って言われてたということですね。

 
 糖尿病、高脂血症 (脂質異常症) 、高血圧のリスクのある人は注意が必要です。


 甲殻類アレルギーの人などもアレルギー反応を誘発する懸念があるのでもちろん要注意。
妊娠中・授乳中の方への安全性については不明な点が多いので摂取は避けたほうが良いなど、
誰でも彼でも飲んで良いものではなさそうです。


 にんにく卵黄とはちょっと性質の違うものですね。


効かせようとする部分も欲しい効果も違う気が・・・比較の仕様が無いですね。


前の記事・・・一日に、にんにく卵黄とプロポリスとクロレラの3種類を。摂り過ぎ?




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス