にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

他の健康食品、サプリメントと一緒に服用しても大丈夫?

「大丈夫」です。基本的には。


 しかしサプリメントによっては他のものとの飲み合わせに注意が必要なものもあり、
大手メーカーでは「飲み合わせ」の問い合わせに答える窓口を持っているところもあります。
 

 自分が複数のサプリメントを飲んでいて、大丈夫かな?と気になったら教えてもらうのが一番です!
 
 
 天然、自然といったイメージを持つハーブにも実は飲み合わせがあるそうです。


 海外では「薬」として扱われているハーブは日本では「食品」としてのイメージが強く、
つい取り過ぎてしまう、知らないうちに他の薬の効果を妨げていたという事例が数多くあるそうです。


水.jpg
 もう一つ、気を付けないといけないものが「水」


 水と一緒に服用するなら、カルシウムやマグネシウムを多く含む水で、
一石何鳥かの効果を狙っちゃおう!なんて気を起こすと大変!!


 薬の成分と水に含まれるカルシウムやマグネシウムが結合してしまい、
薬の効き目を弱めたり逆に体によくない結果をもたらしたりすることもあるらしいのです。
 

 もちろんキンキンに冷えた水は胃腸を刺激しすぎるのでお勧めできません。
常温の水道水(又はミネラルウォーター)が当たり障りがないのかもしれません。


 ところで・・・・いくら体に効きそうだとは言え、
健康食品は食品です。


食べ過ぎ.jpg
 それを沢山摂取してもお腹はいっぱいにはなりません。
(胸いっぱいにはなりそうですが)
飲み合わせを気にするほど何種類も摂取するのは
どうなんでしょう?


 出来れば食事でバランスを取って、
足りないところを補ってあげる位でお付き合いする方が
いろんな心配をする必要もないですよね?

 
 食事で取れるビタミン類などは過剰摂取出来るほど摂れなくて、
摂り過ぎた分はおしっこに混ざって体外に出て行きます。
(とてつもない量を食べないと摂取過剰にはなれないんです)


出費 .jpg
 でもサプリメントで過剰に摂取してしまうと、
排出しきれない分は体内に蓄積されて病気のもとに
なったりするので、
せっかく健康になろうと思って高いお金を払っても
結果として不健康になってしまったなんてコトも有り得るのです。



 何事も「ほどほどに」が一番! 
でないと「過ぎたるは猶及ばざるが如し」になってしまいます。


プロポリスと、一緒に飲んでもよいですか?

ミツバチ.jpg
 プロポリスとはミツバチたちがせっせと集めた樹液など
自然から採取してきた物質と、自分たちの分泌物を混ぜあわせてできた物質で、
アミノ酸やフラボノイド、ミネラルといった天然成分が含まれており、
これらが人体にさまざまな影響をもたらすのもの。


 おもな効能には殺菌、抗酸化作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用などが挙げられています。


 一緒に取ると良いと言われる成分は・・・・ビタミンCだそうです。


 にんにくにも含まれてはいるけれど、その含有量は、100gにつき19mg(1000mgで1gですね)
中くらいの物1片が約10gなのでそれには約1.9mg(つまり0.0019g)しか含まれないものだから、
「にんにくにビタミンCが豊富に含まれている」とは言い難い。


 ちなみに野菜の中で多いのは赤ピーマンで100gに170mgのビタミンCが含まれているそうです。
果物のアセロラにいたっては100gになんと1700mgのビタミンC。桁が違います!!


 何度も言うように健康食品なので用量さえ守れば一緒に飲んでも問題はないでしょう。


 ただ調べてわかった良い組み合わせが、にんにく卵黄が当てはまるか?
というと、そうでもなさそう。


 逆に「抗菌」「殺菌作用」なんかはにんにく自体の効果と被っているようなんですが・・・・
 

 プロポリスは蜂アレルギーの方はもちろん、他にアレルギーがある方も注意が必要らしいので、
買う前にちゃんと調べてからの方が良さそうですね。
 

前の記事・・・「黒にんにく卵黄」と「にんにく卵黄」ではどちらが老化防止の効果が強いですか?




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス