にんにく卵黄とは?

にんにくと卵を一緒に食べたのとは違うのですか?

 にんにくに含まれる成分は・・・
スコルジニン、アリシン、ビタミンB6、オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、カリウム等。
スコルジニンは疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高め、
アリシンはアミノ酸の一種である。(アミノ酸はすべての生命の素)
にんにく(人形).jpg


 アリシンとは、無臭な成分アリインが元々の姿。
刻むことによって酵素アリナーゼが作用して「アリシン」に変化したもの。
 

 つまりはあの臭い。
あのニオイが体の役にたってくれるんです!


たまごくん.jpg
 たまごに含まれる成分で豊富なのが良質な動物性タンパク質。
他にビタミンA・B1・B2・D・E、
鉄、リン、カルシウムなどのビタミン・ミネラル類等
 卵黄にはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEや、リン、鉄、亜鉛や銅といった
ミネラルが含まれ、必須アミノ酸が特に多く含まれる。


 
 つまりヒヨコが成長するために必要な栄養成分を全て持ち合わせる、
文字どおりの「完全栄養食品」だがビタミンCとカルシウム、食物繊維は不足がち。


 それぞれをそのまま摂取しても十分栄養バランスは良いように思います。
足りない栄養素を含む食品をプラスすれば更に良い状態になるでしょう。
 

 でも・・いくら体に良いとは言っても、毎日にんにく、たまごを摂り続けられますか?
お料理が大好きで、色んなレシピで毎日毎日食べられますか?


 ちなみに生のにんにくなら1片、加熱した物なら2、3片が一日に摂取すると
健康効果が期待できる量なんだそうです。
 1回食べると2日くらいは効果が続くそうですが・・・・
「はなまるマーケット」でやっていたにんにくの特集では、2、3日で1片又は2片で効果が得られ、
その効果は持続するとも言っていました。(ちょっと量が違うんですけど)
 どちらにせよ、生で沢山食べてしまうと胃を荒らすので注意が必要です。


 生か加熱か、一日に取る量は・・・・と考えると
サプリメントで取るほうが、手軽で継続させやすいということでしょうか?


前の記事・・・どんなふうに作られているのですか?




にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス