ごはん日記  H24・8月から12月

しょう油麹で『麻婆豆腐』

好き.jpg


 先日「しょう油麹って味噌っぽい」
って思って、回鍋肉にチャレンジしたものの、イマイチだったので
「どうにかならないかな・・・」って考えていた私。


 そんな私にも最近『麹仲間』が出来ました(笑)
同じ会社に勤めている彼女も食べることと、体にいいものが大好き女子。



 ちょっと前に塩麹としょう油麹の話をしたら、自宅でしょう油麹を作ったらしく、
そのしょう油麹をおすそ分けしてくれたんです。


 家のは真夏の暑い時期に仕込んだので、ちょっとやわらかい『タレ』っぽい固さなんですけど、
彼女がくれたのはそれよりひと月くらいあと、ちょっと涼しくなってから仕込んだものだからか
家のよりもちょっと固め。


 もう見るからに『味噌』っぽい!


 コレはもう前回のリベンジあるのみって感じで、
さっそく『麻婆豆腐』を作ってみることに。
 冷蔵庫と相談したら、コレしか材料がなかったので・・・


0927.001.JPG 0927.002.JPG


 しょう油麹に刻みニンニクとしょうがのすりおろし、コチュジャン、酒を加えて
合わせ調味料を作っておきます。薄くといた市販の中華スープと水溶き片栗粉も用意しておきます。


0927.003.JPG


 ねぎは『食べてます』っていうのが分かるくらいの大きめの小口切りに。


 どうも色合いが寂しいので、冷蔵庫にあったピーマンも
同じくらいのサイズに切って入れてしまいました。




 ピーマンが嫌いな娘は、それがねぎの青い部分じゃなくてピーマンだと気づいた瞬間に
ショックを受けてました(笑)


0927.004.JPG


 豆腐は絹ごし豆腐しかなかったので、大きめのさいの目に切って、下茹でしておきます。


 茹でるといっても沸騰させたお湯にしばらくつけておく感じ。
温めておいてあげます。




 温まったらざるにあげておくんですけど、さすが絹ごし豆腐!
やわらかくてざるの網目に詰まるわ詰まる。やっぱり木綿豆腐が良かったなぁ・・・・


0927.005.JPG


 フライパンに油を引かないでひき肉を入れて火にかけて、しばらく放置しておきます。
(パラパラにしたくなっちゃう所ですけど、いじくらないで)
焼き色がついたあたりで軽く塩コショウーをして全体をほぐします。




0927.006.JPG



 そこにねぎとピーマンを投入。





0927.007.JPG 0927.010.JPG 0927.011.JPG


 さっと火を通したら合わせ調味料を入れてよく炒めます。
ニンニクやしょうがの香りがしてきたらスープを入れてひと煮立ちさせます。



0927.013.JPG


 水切りした豆腐を入れて、いじくり過ぎないように混ぜます。


 出来上がりの見た目を重視するなら、
豆腐の原型はなるべく保ってあるほうが美味しそうですからね。




0927.015.JPG



 ある程度煮立てたら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら出来上がり。




0927.016.JPG


 見た目は立派な『麻婆豆腐』


 肝心な味は『あっさり味の麻婆豆腐』に。
和風な感じというか。でもしょう油で味付けしたような感じではなくて・・・
もっとコクのある感じ。


 実は麻婆豆腐を作るときにはいつもレトルトを使うんですけど
(調味料合わせるの面倒なので)想像以上に簡単に作ることが出来ました。




 「また作ってね」と、結構味にうるさい娘が言っていたので、まずまずの仕上がりだったかなと。
簡単で美味しいしょう油麹のレシピ、もっともっと探して行きたいと思います。


<<<前の記事


『しょう油麹で回鍋肉風』


次の記事>>>


『スタミナ丼』



にんにく卵黄の味や臭いって?

 

にんにく卵黄とは?

 

にんにく卵黄の効果は?効能と副作用は?

 

サプリメントの中でおすすめは?

 

にんにくを使った疲労回復法にはどんなものが?

 

にんにく豆知識!

 

そもそも疲労とは?

 

ごはん日記

 

結婚情報サービス